レーシック失敗談

疑う

レーシックは目に直接レーザーを当てて角膜の厚さを調節すること
によって、光の屈折率を変えて視力を矯正する方法です。

 

この治療方法は日本で始まったのは2000年。

 

この方法が認可された当時は裸眼でも視力が矯正出来る手術ということで大注目を浴び、近視などで悩む人達にとってまさに革新的な治療方法だったのでした。

 

それから13年経ち治療件数が増え、さらに治療後の後遺症などの問題が現れているのです。

 

今ではレーシックを行った人の後悔談というのは、
インターネットを見れば至る所で見ることが出来ます。
目薬が手放せなくなるほどのドライアイ、夜盲症や飛蚊症、手術以前の視力よりも低下したとか乱視が発生したなどなど、その種類と数は見過ごせない程の数になっています。

 

特に問題になるのが、過剰矯正などによる眼精疲労からくる頭痛などの合併症状です。
日常生活にも影響を及ぼし、通常の生活が困難になっているという方まで出ています。

 

レーシックはまだ歴史の浅い技術で、術後数十年経過したという例は出ていません。
今後より長い時間が経過した時に、今よりさらに多くのレーシック難民が出てくるだろうと予想されています。

 

こういった失敗談や体験談は貴重な生の声です。
レーシックを考えている方は、良い部分だけでなくこういった失敗談から悪い部分も読み取り、後悔しない判断をして頂きたいと思います。

 

 

レーシック手術おすすめサイト

レーシック手術で視力回復するように
レーシック手術の費用や保険、各クリニックの特徴や体験談の総合サイトです。